【体験談】沖縄のリゾキャバは海の近く&ノルマなしで稼げる!【時給3,000円超えも可能】

こんにちは!沖縄県石垣島のリゾキャバで働いている、Lです。

「リゾキャバってどんなことをするの?」

「リゾキャバってお酒が飲めなくても平気?」

と疑問に思っていませんか?

この記事では岐阜県と石垣島でリゾキャバ経験のある私が、実体験をもとにリゾキャバについて解説します!

  • 仕事内容
  • 給料
  • ノルマ
  • 従業員の年齢層
  • お店の雰囲気

など、リアルな事情をお話しますね。

少しでもリゾキャバをやってみたいと考えてる人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

リゾキャバの仕事内容

リゾキャバの種類や仕事内容について紹介していきます。

リゾキャバの種類

リゾキャバは以下の通り4つの種類に分かれています。

  1. キャバクラ
  2. ガールズバー
  3. ラウンジ
  4. スナック

よく間違われるのが、キャバクラとガールズバー。

キャバクラはお客さんの席に座るのに対し、ガールズバーはカウンター越しに接客をします。

今回は私自身も経験があり、最もメジャーなキャバクラの仕事について紹介していきますね。

リゾキャバの仕事内容

私が現在、石垣島で働いてる職場はキャバクラです。

基本的なキャバクラの仕事内容は、お客さんの隣に座って、お酒を作りながら会話を盛り上げることです。

たまに「お客さん呼んでね」と言われたら、LINEでお客さんに連絡することもありましたね。

しかし私たちキャバ嬢からお店の前などでお客さんに声をかけることは禁止されていたので、お客さん側からお店のシステムや値段を聞かれたら答えていました。

お店が忙しかったらグラスを洗ったりもしましたが、基本的にトイレ掃除やお酒のストック管理などの裏方仕事はボーイ(男性の従業員)が担当してます。

リゾキャバはノルマがある?

私が経験のあるキャバクラでは、ノルマがないのでゆるーく働けてますよ!

求人に「ノルマなし」と書かれている場合も多いので、応募前にチェックしてみるといいと思います。

リゾキャバはお酒が飲めなくてもできる?

お酒が飲めなくても全然大丈夫ですよ!

実際に従業員の中には飲めない子もいます。なので彼女らはソフトドリンクを飲んだり、自分が飲めるカクテルだけを用意してもらったりしてますね。

あとは度数が強いお酒を飲むときに薄めることも。無理にお酒を飲む必要はありません。

リゾキャバの出勤時の服装は?

スカートの私服だったら良いと求人に書いてありましたが、みんなはボディラインが出るようなタイトなドレスにヒールを着用していましたね。

ドレスなどに衣装は自分で持っていった方がいいですが、レンタルを用意してる店もありますよ!

リゾキャバの1日の流れ

現在、石垣島のキャバクラで働く私の1日の流れを紹介していきます。

リゾキャバに出勤する場合

出勤が夜の20時からなので、昼間の空き時間は海に行ったり、スーパーで買い物をしたりして過ごしています。

18時くらいからお客さん、または仲のいいお店の女の子とご飯に行くこともありますね。

20〜21時に仕事が始まり、お店が暇なときを除いて営業時間終了の2時まで働くことが多いです。最長で6時間拘束ですね。

特になにもなければ2時半には家に帰れますが、営業後にアフターがあれば、お客さんとご飯やカラオケに行くお付き合いをするので、朝帰りコースになります。

アフターの頻度は、週に何回もあったり、まったくなかったりと波があります。

時期や台風の影響によりお客さんの人数に幅が出るので、一概には言えませんね。

リゾキャバが休みの日の場合

休みの日は夜の時間が空くので、飲みに行くことが多いですね。

友達と行くこともあれば、挨拶回りとしてお客さんに「この間はありがとうございました」とお礼を込めた、食事に行くこともありますよ。

石垣島ではすぐ近くの海に行くことも。そのほかは、私の趣味である絵描きやダンスをして過ごしてます。

リゾキャバの給料

岐阜と石垣島のリゾキャバを比較しながら、給料について紹介していきます。

給料

私が働いている石垣島のキャバクラは、契約している勤務期間によって時給が変動します。

2週間以内の短期契約の場合、時給は1,600円。在籍期間が1ヶ月以上になると2,000円に昇給するシステム。他のお店では基本時給だけで2,500円くらいのところもあるようです。

これは最低限保証される基本の時給となり、指名やドリンクの注文をいただいたときは追加でバック報酬がもらえます。

私の職場では1時間2,000円の本指名をいただいた場合、その分のお金はもらうことができます。

ドリンクバックは少し特殊で、1週間に飲んだ合計数で報酬が決まるシステム。

例えば50杯以上飲んだら1杯につき200円、75杯以上だったら1杯につき250円と飲めば飲むほどバックの%が上がるようなシステムになります。

一般的にはドリンク1杯につき、バック報酬〇円となっている場合が多いですね。

バック報酬があれば、時給換算で3,000円を超えることも珍しくはありません。

だいたい1ヶ月週6勤務で20万円後半ほど稼ぐことができていますが、個人差はあるので稼ぐ子だと月に40万円以上稼ぐ子も。

ちなみに岐阜で働いていたときは、時給がずっと変わらずに1,600円。

時給が安い上にお客さんが来たらお店に呼ばれるシステムでした。勤務時間も短く、バックの報酬もなかったので、週6で勤務しても1ヶ月の給料は20万円いかないくらいでしたね…。

貯金額

石垣島では外食や遊びで派手につかわなければ、月に15万円ほどは貯金できるかと思います。

岐阜でもあまり遊ぶところがなく、たまに外食するくらいだったので10万円以上は貯金できました。

寮は無料のところを選んでいましたが、中には1日500円や月に2万円かかるところもあるようです。

リゾキャバのきついところ2選

リゾキャバをしてて、「正直きついな〜」って思ったことを紹介していきます。

【きついところ1】
お客さんの流れが読めない

リゾキャバでは、どのくらいお客さんが来るのか予想しにくいです。

次の日に予定があるときや気分的に飲みたくない日に限って、お客さんが飲ませてくるので大変だなって思うこともあります。

体調が悪いときは、お酒を飲んでる振りしてソフトドリンクを飲むことも…(笑)

【きついところ2】
休みが少ない

寮費が無料な代わりに週6回の勤務を契約しているため、休みが週に1日しかないことがきついですね。

希望休を出すこともできますが、ほかの女の子と被った場合は休みの日が延び、連勤が続くことも。

長く在籍してる子の中には、週6シフトが嫌で理由から寮を出て、自分で家を借りてる子もいますよ!

リゾキャバの楽しいところ2選

石垣島のリゾキャバで働いてて楽しいなって思うことを紹介していきます。

【楽しいところ1】
いろんな人に出会える

石垣島のリゾキャバに来るお客さんは、学生の卒業旅行や社員旅行など様々で、島の人以外にも出会える機会が多く楽しいですよ!

シーズンにもよりますが、島人と観光客の割合は4:6くらいになります。

【楽しいところ2】
すぐに海へ行ける

石垣島では家から自転車で20分と近い距離に海があるので、気軽にビーチへ行くことができます。

マリンショップの人と繋がれて仲よくなることが多く、船で遠出することもあり楽しいですよ!

リゾキャバの雰囲気は?

岐阜と石垣島のリゾキャバを比較しながら、雰囲気について紹介していきます。

リゾキャバのお客さんはどんな人が多い?

現在の職場である石垣島のキャバクラには、日本全国から幅広い年齢層の方が来店しています。

岐阜のときは温泉がある旅館内のラウンジで働いてたので、お客さんの年齢層が高く、若い子が遊びにくるところではなかったですね。

セクハラはある?

正直な話、お客さんの中にはセクハラしてくる方もいるのが事実。

例えば腰に手を回す、胸をつつく、脚に手をのせる行為が挙げられます。

私も触られないよう自分なりに気をつけてますが、それでもセクハラをされたときはボーイが注意してくれます。

一緒に席についてる女の子がセクハラを見てたときは、冗談で「ちょっと触るのは別料金だからチップあげなよ」とお客さんにつっこんでくれたりもしますね(笑)

リゾキャバの女の子の雰囲気や年齢層は?

岐阜のリゾキャバで働く女の子は年齢層が高く、落ち着いてる方が多かったですねちなみに私は最年少だったので、かわいがってもらえました!

一方、石垣島で働く女の子は、若いギャルの子から30歳くらいで落ち着いてる女性まで年齢層が幅広く、本当にいろんな子がいます。

中には世界一周バックパッカーの旅に行きたい子も(笑)

お店に入った当初は若い子ばかりで早く帰りたいと思っていましたが、同時期に入ったこと仲良くなり、気づけば1年以上経っていました。

店によっては20代前半くらいの子が多く、特に夏休みは学生が増える傾向にありますが、平均年齢は27歳くらいかと思います。

沖縄のリゾキャバの特徴

私は石垣島で働いていますが、稼ぎたいのであれば、沖縄本島の方が時給が高くておすすめですよ。

私の職場では、繁忙期でも時給アップはありません。

しかし夏のシーズンは特にお客さんの人数が増え、より多くの方に対して接客することになるので、ドリンクの注文が増えたり、指名をいっぱいもらえたりとバックで稼ぎやすくなります!

また新しいお客さんにも出会えることが多く、本指名で来てくれたり、仲良くなったら同伴でお店に来てくれたりするので、まさに稼ぎどきです。

リゾキャバがおすすめな人3選

実際に石垣島のキャバクラで働いてる私が考える、リゾキャバに向いてる人の特徴を紹介していきます。

【おすすめ1】
いろんな人に出会うことが好きな人

男女問わず、幅広い年齢層の方と出会うことが好きな人に向いてる職だと思います!

石垣島のリゾキャバには、島の人を始めとして、全国各地からのお客さんを接客することができるので、特におすすめですよ。

たくさんの人の価値観に触れらるので、自分を変えたい子にも体験してみてほしいです。

【おすすめ2】
短期で稼ぎたい人

例えばワーキングホリデーの資金を貯めるために、短期で一気にお金を稼ぎたい人は、リゾキャバで働くといいかと思います。

リゾキャバはナイトワークなので、他の仕事より時給がいい上にバックもいただけるため、時給3,000円超えの可能性も充分ありますよ!

【おすすめ3】
キャバクラの経験がある人

リゾキャバのお客さんの隣に座って、お酒を作りながら会話を盛り上げる、という仕事内容は基本的にどこでも同じです。

経験がある人は、仕事内容を1から覚える必要がなく、新人に厳しいお店で働くことになっても問題なくやっていけるはずです。

なにごともそうですが、経験があることは有利ですよね!

とはいえ、未経験でも丁寧に教えてくれるお店ももちろんあるので初めての方は「未経験者歓迎」と記載のあるお店を選ぶといいと思います。

リゾキャバをおすすめできない人2選

以下の内容に当てはまる人は、リゾキャバで働くことをあまりおすすめしません。

【おすすめできない1】
人と接するのが苦手な人

当然ですが、リゾキャバは人と接するお仕事です。

やる気があれば、人見知りな子でもだんだん話せるようになります。

でも最初から人と話すのが嫌い、話したくないという状態であれば、やはりリゾキャバは難しいと思いますね。

【おすすめできない2】
潔癖症な人

リゾキャバで働く子は大体、寮に住むことになります。

私が現在、住んでいる寮は、石垣島の気候の関係でところどころにカビが目立ちます。

誰かが使っていたお布団を使うのが嫌、という潔癖症な人にはちょっと厳しいかもしれないですね。

【おすすめできない3】
虫が苦手な人

リゾート地での生活は、やはり虫が出るところもあります。

虫対策をすればある程度防ぐこともできますが、ゴギブリが出ることもあるので極端に苦手な人はリゾキャバは難しいかもしれません。

リゾキャバを探すのにおすすめなサイト

私がリゾキャバをするときに使用した派遣会社は、ヒューマニックの「リゾバ.com」です。

有名なリゾートバイトの代理店5社を比較したところ、通常のエージェントはナイトワークの求人がなかったので、唯一扱っていたリゾバ.comを使いました。

面接をするときに、事務所でスッタフの方と1対1で顔合わせをすることができたのは、よかったですね。

私が「ナイトワークで仕事を探してます」と希望を伝えたところ、各地である求人情報を出してくれて、詳細(条件、交通費など)の説明がわかりやすかったのを覚えています!

入寮時にベットとエアコンが壊れたり、雨漏りしていたので、明らかにスタッフさんが確認していなという懸念点はあったので、必ず確認した方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です