【体験談】利尻島でのリゾートバイトの平均時給は950円!【グルメも自然も最高】

こんにちは!北海道の利尻島で4ヶ月リゾートバイトをしてきた、あんりです。

利尻島でのリゾートバイトは魚介などのご飯も美味しいし、豊かな自然を味わうことができるので本当におすすめなんです!

この記事では4ヶ月の利尻島でのリゾートバイトの経験を活かして

  • 平均時給
  • 季節ごとの特徴
  • 休日の過ごし方
  • あると便利な持ち物

などを様々な面からお話していきます。利尻島でのリゾートバイトを考えている方はぜひ参考にしてください。

利尻島でのリゾートバイト体験談

私は2017年の5月から9月までの約4ヶ月、利尻島にあるホテルでリゾートバイトをしました。

結論から言うと、利尻島でのリゾートバイトは自然を楽しんで出費を抑えつつ、稼ぐことができました。

ここだけの話、4ヶ月で6キロも太ってしまうほどご飯も美味しかったです(笑)

さらに私の行ったホテルでは温泉が入り放題だったので、毎日入ってお肌がもちもちになりました。

利尻島でのリゾートバイトは

  • ご飯がおいしい
  • 温泉入り放題
  • 自然を楽しめる

という感じで最高でした。

利尻島でのリゾートバイトの平均時給

利尻島でのリゾートバイトの時給

私が利尻島でのリゾートバイトをしたときの時給は、1,000円でした。

もともとは時給950円の募集だったのですが、ホテルの配膳の経験をアピールして時給を上げてもらいました。

一緒にリゾートバイトをしていたみんなは時給950円でしたし、他のところでやっている人も高くて1,000円くらいでしたね。

利尻島は田舎なので、時給はやや低いイメージです。

時給はどの職種や時期でも、基本的には変わりません。

貯金額

利尻島はお金を使うことが少ないので、貯金はしやすい環境でした。

私の場合は、

  • 食費(賄い)
  • 水道光熱費
  • 勤務地までの交通費
  • 宿泊費

が無料だったため、バイト代のほとんどを貯金に回すことができました。

貯金をしたい方におすすめな場所ですね。

利尻島でのリゾートバイトの季節ごとの特徴

利尻島はとにかく寒いことが特徴です。

夏でも涼しいため、7〜8月は避暑地として訪れる観光客が多く、1番忙しい時期です。

5月から9月まで働いていましたが、夏でも長袖を着たり、ストーブを付けたりするくらいに寒いですよ。

真冬の間は気温が-20度くらいまで下がることもあり、雪が積もりすぎてしまうほど。12月から3月くらいまではお休みになるお店が多いので、リゾートバイトの募集はありません。

利尻島でのリゾートバイトでの休憩や休日の過ごし方

実際の寮の写真(8畳・テレビ&暖房完備)

利尻島でのリゾートバイトの休憩や休日では、周りの豊かな自然を生かして過ごすことができます。

休憩中の過ごし方

体力を使う仕事で疲れてしまうので、休憩中は昼寝をしていました。寝ているとあっという間に休憩が終わってしまうので、他の事はできませんでした(笑)

体力のある人だと、周りを散歩して自然を楽しんでいる人もいました。

休みの日の過ごし方

休みの日には、周りに観光できる場所がないため

  • 海に遊びに行く
  • 山登りをする
  • 釣りをする

など自然を楽しんだり、掃除や洗濯などの身の回りのことをしたりしていました。

少ない出費でも、かなり充実した休日を過ごすことができて満足です。

利尻島でのリゾートバイトは短期でもOK?

利尻島でのリゾートバイトの期間ですが、基本的には2ヶ月以上の応募が多かったです。

中には1ヶ月からの募集もありましたが、その分給料面が悪かったりしました。

仕事を覚えるのに最低1ヶ月くらいかかるので、2ヶ月以上の募集が多いみたいです。

リゾートバイトで来ている周りの人も、ほとんど2ヶ月以上募集で来ていましたね。

なので、1週間や1ヶ月などの短期では少し難しいと思われます。

利尻島でのリゾートバイトの雰囲気は?出会いはあるの?

職場ではお客様も従業員も優しくて、楽しく仕事ができました。

従業員の雰囲気

私の勤務先では若いと21歳から、年上だと40歳以上まで幅広い年齢の方が働いていました。男女の比率は半々くらいですね。

従業員は男女や年齢に関わらず仲が良く、バイトが終わってからも一緒に遊びに行くこともありました。

ホテルの面倒見のいいおじちゃんに誘ってもらって、一緒に魚釣りに行くことも。

お客様の雰囲気

お客様も優しい方が多くて、「地元の人ですか?」とか「なんでここにバイトにきたの?」と話しかけてくれて、楽しく話したりもしました。

優しいお客様に恵まれてよかったです。

出会いはあったか

利尻島でのリゾートバイトでは、ぶっちゃけ出会いはあります。

実際に、別々の地方から出てきた2人が利尻島で出会い、カップルが誕生したこともありました!

私の身近でもカップルが誕生していましたし、男女の出会いは結構あるみたいですよ。

利尻島でのリゾートバイトであると便利な持ち物3選

【便利な持ち物1】
防寒着

なんといっても利尻島はとにかく寒いので、防寒着は必須です。

真夏の8月でも夜はかなり冷え込むので、厚めのダウンジャケットや、もこもこの暖かい靴下を身につけていました。

【便利な持ち物2】
カメラ

利尻島では自然が豊かで、きれいな写真がたくさん撮れますよ。

カメラを持っている人は、ぜひ持っていくことをおすすめします。

利尻島でのリゾートバイトがおすすめな人4選

利尻島でのリゾートバイトは

  • 花を見るのが好き
  • 山を登るのが好き
  • 自然の遊びを楽しめる
  • 食べるのが好き

という方におすすめです。

それぞれ理由を説明します。

【おすすめな人1】
花が好きな人

利尻島でしか咲かない「リシリヒナゲシ」という花があるので、花が好きな人はおすすめです。

その花を目当てに来る人もいるほど。

休日などに、自分の好きな花を見てリフレッシュすることができますよ。

【おすすめな人2】
山を登るのが好きな人

利尻島は島自体が丸い島で、中心に三角形できれいな山があります。

見た目は富士山を海に浮かばせたような感じで、利尻富士とも呼ばれていますね。

私も実際に山登りを楽しみました。

【おすすめな人3】
自然の遊びを楽しめる人

利尻島には海や山などの自然がたくさんあり、釣りなどの遊びが多くできます。

自然で遊ぶのが好きという人は遊びに困ることはないですね。

【おすすめな人4】
食べることが好きな人

北海道の食べ物はとにかく何でもおいしいです。(笑)

  • ジャガイモ
  • ニンジン
  • とうもろこし

などの野菜も、「こんなに甘かったっけ?」ってくらいに甘くて美味しいですよ。

野菜だけでなく、鮭やいくらなどの魚介も美味しかったですね。

賄いなどもかなり美味しかったので、食べることが好きな人はぜひおすすめ!

利尻島でのリゾートバイトがおすすめできない人2選

逆に、利尻島でのリゾートバイトがおすすめではない人は

  • インドア派
  • 寒いのが苦手

という人です。

【おすすめできない人1】
インドア派な人

自然の遊びは多いですが、パチンコやゲームをして遊べる場所は少ないです。

インドア派の人は、家にこもってゲームをするくらいしかやることがないかもしれません。

なのでパチンコを打ちたい!という人などは向いていません。

【おすすめできない人2】
寒いのが苦手な人

利尻島はとにかく寒いため、寒いのが苦手な人にとってはかなり辛い環境になります。

寒いのが絶対に嫌な人は遠慮しておきましょう。

利尻島でのリゾートバイトはどこの派遣会社がおすすめ?

利尻島でのリゾートバイトでおすすめの派遣会社は「アルファリゾート」です。

アルファリゾートは他の派遣会社と比べて、給与面や交通費の待遇が良かったです。

また他社では担当者さんとの連絡がメールでしたが、アルファリゾートではLINEなので楽でしたね。

ただ、勤務中に足を怪我してしまったときに労災が使えず、病院代が自腹になってしまったことがあったのは残念でした…。

交通費は上限5万円までもらうことができ、私も実際に実家から利尻島までの交通費3万円ほどがタダになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です